Japan Hair Donation & Charity

JHD&Cのご紹介

Japan Hair Donation & Charity(通称 JHD&C ; ジャーダック)は、頭髪の悩みを持つ18歳以下の子供たちに、100%寄付された髪の毛を使って『フルオーダーメイドの医療用ウィッグ』を作り、無償でプレゼントしている、日本で唯一の特定非営利活動法人です。

弊社代表 関野光延と関野紀代子、そして愛息かいまな君のご家族で大阪にあるフルオーダーメイドの医療用ウィッグ』を無償でプレゼントしているJHD&C(ジャーダック)様を訪問いたしました。
そのJHD&C様をご紹介したいとおもいます。

JHD&Cが子どもたちに無償でプレゼントしている『One wig』は、
寄付された髪の毛を使って作るフルオーダーメイドの医療用ウィッグです。

ウィッグに使用できる最低の長さは31㎝以上となります。

ロングヘアのウィッグを希望されるお子さまも多いため、
ご寄付いただく髪の毛は長ければ長いほど大変有り難いです。
​ご協力よろしくお願いいたします。

jadac-l

髪の毛の寄付をお考えのあなたへ

世界でたったひとつ、その方のためだけに、たくさんの方の善意で集まった髪の毛を使って作るウィッグのことを、JHD&Cでは敬意を込めて『Onewig』と名付けました。ひとつのOnewigを作るためには、およそ20〜30人分の髪の毛が必要です。あなたが切ったその髪の毛が、子供たちの手助けとなります。ぜひご協力をお願いします。

  1. 31cm以上の長さがあること
  2. 完全に乾かしてあること
  3. 切り口をゴム(輪ゴムも可)でしっかり束ね、同じ人の髪をまとめてあること

お願いしたいことは、この3点だけです。
ウィッグの製作過程で、髪質を均一にするトリートメント処理を施すため、
老若男女・国籍問わず、気軽に参加して頂けるボランティアです。
白髪があったり、パーマやカラーリングを施してあっても、極端なダメージがない限り大丈夫です。成人式や七五三、発表会などのために伸ばしたけれどイメージチェンジしたい、昔取っておいた髪の毛を手放したいけれど、ただ捨てるのは気がひける…もちろん、何となく伸ばしていたけれど、髪をまとめるのも面倒だし短くしたい!など、髪を切る理由は人それぞれ。
放っておけば捨てられてしまう髪の毛。でも、どうせ切るなら、
ほんの少しの手間をかけて、誰かのために役立ててみませんか?

出典:JHD&C

チケットお申込開始!

チケット種類 プライス
一部・二部共通(指定席) 3,500(税込)

※一部のみは当日販売(自由席)となっております。数に限りがございますのでご了承くださいませ。

下記よりチケットお申込方法をお選びいただき、お申込をお願いいたします。

AS KNOW AS 様 ご協力いただきました

asknowas-logo

AS KNOW AS 様 にハッピースマイルピンクリボンへ賛同いただきご協力いただきました。

AS KNOW AS

ディテールに凝った、かわいらしさのなかにちょっと大人の雰囲気をおりまぜたブランド、AS KNOW AS de baseをはじめとした、おしゃれを楽しむ女性のための服・雑貨ブランドを展開。自社で企画から製造、卸、販売までを手がけ、海外にも積極的に進出しています。

かまくら乳がんセンター長 土井卓子医師のご紹介

土井先生

プロフィール

横浜市立大学医学部卒業、横浜市立大学医学部付属病院で研修後、済生会横浜市南部病院、独立行政法人国立病院機構横浜医療センターなどを経て、2009年よりかまくら乳がんセンターを立ち上げる。

医師として一貫して乳腺外科分野で経験を積み、女性の立場から女性のための乳がん治療及び乳腺分野での治療に従事。

かまくら乳がんセンター長として、医師、看護師だけでなく、薬剤師、体験者コーデイネーターやリンパ浮腫ケアースタッフを組み込んだ乳がん治療チームの組織、また形成外科と連携した乳房再建などの総合的な乳腺治療を目指す。

そうした診療活動の一方で乳がん啓蒙のため、さまざまなメディアの出演や講演活動、執筆も数多くこなす。

日本外科学会専門医、日本外科学会指導医、日本消化器外科学会認定医、日本消化器病学会専門医、乳腺専門医、マンモグラフィ読影認定医、ICD

ご出演ハラウ お申込詳細

Arrow
Arrow
Slider

たくさんのご応募ありがとうございました。
応募は締め切らせていただきました。

フラだけでなく、タヒチアンでも、
ワヒネダンサー・クプナダンサーだけでなく、
カネダンサーも、ケイキダンサーも募集いたします!

応募締切:7/11 (月) 午前 となります。

選曲用紙の提出は7/15(金)までとなりますが、出演申込をされる際におおよそのダンサー数及び曲数がわかりましたら、予め記載欄へのご記入をお願いいたします。

ご出演ご希望のハラウはリンクボタンよりお申込詳細PDFをダウンロードお願いいたします。
お申込詳細をお読みの上、指定の宛先へご提出お願いいたします。

雑誌 HULA Le’a No64 インタビュー掲載

フラレア2016春号

雑誌フラレア2016春号に株式会社セキノレーシングスポーツ主催「Happy Smaile ピンク リボン チャリティフラコンサート」がとりあげられました。
関野紀代子さんとのインタビューを通して、乳がんの早期発見、早期治療の重要さをみなさんに伝えたいという思い、そして「Happy Smaile ピンク リボン チャリティフラコンサート」についてのインタビュー内容となっています。