Japan Hair Donation & Charity

JHD&Cのご紹介

Japan Hair Donation & Charity(通称 JHD&C ; ジャーダック)は、頭髪の悩みを持つ18歳以下の子供たちに、100%寄付された髪の毛を使って『フルオーダーメイドの医療用ウィッグ』を作り、無償でプレゼントしている、日本で唯一の特定非営利活動法人です。

弊社代表 関野光延と関野紀代子、そして愛息かいまな君のご家族で大阪にあるフルオーダーメイドの医療用ウィッグ』を無償でプレゼントしているJHD&C(ジャーダック)様を訪問いたしました。
そのJHD&C様をご紹介したいとおもいます。

JHD&Cが子どもたちに無償でプレゼントしている『One wig』は、
寄付された髪の毛を使って作るフルオーダーメイドの医療用ウィッグです。

ウィッグに使用できる最低の長さは31㎝以上となります。

ロングヘアのウィッグを希望されるお子さまも多いため、
ご寄付いただく髪の毛は長ければ長いほど大変有り難いです。
​ご協力よろしくお願いいたします。

jadac-l

髪の毛の寄付をお考えのあなたへ

世界でたったひとつ、その方のためだけに、たくさんの方の善意で集まった髪の毛を使って作るウィッグのことを、JHD&Cでは敬意を込めて『Onewig』と名付けました。ひとつのOnewigを作るためには、およそ20〜30人分の髪の毛が必要です。あなたが切ったその髪の毛が、子供たちの手助けとなります。ぜひご協力をお願いします。

  1. 31cm以上の長さがあること
  2. 完全に乾かしてあること
  3. 切り口をゴム(輪ゴムも可)でしっかり束ね、同じ人の髪をまとめてあること

お願いしたいことは、この3点だけです。
ウィッグの製作過程で、髪質を均一にするトリートメント処理を施すため、
老若男女・国籍問わず、気軽に参加して頂けるボランティアです。
白髪があったり、パーマやカラーリングを施してあっても、極端なダメージがない限り大丈夫です。成人式や七五三、発表会などのために伸ばしたけれどイメージチェンジしたい、昔取っておいた髪の毛を手放したいけれど、ただ捨てるのは気がひける…もちろん、何となく伸ばしていたけれど、髪をまとめるのも面倒だし短くしたい!など、髪を切る理由は人それぞれ。
放っておけば捨てられてしまう髪の毛。でも、どうせ切るなら、
ほんの少しの手間をかけて、誰かのために役立ててみませんか?

出典:JHD&C

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


informationカテゴリーの記事